プロフィール

こんにちは、管理人のカナです。

私は、こんな人です。管理人カナ_About_Me

 

私は、剛毛で量も多く、毛を抜いてもすぐ生えてきて、もう悲劇としかいいようがないぐらい元気です(笑)

まして、デリケートゾーンは、手つかずのボーボーで、剛毛なゆえに、人一倍悩んでいました。

私が、ワックス脱毛を始めるまでは、脇毛や足のすね毛は、電気シェーバーやカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしてました。

でも、毛の生えるのが早くて、夜剃ったら、朝には伸びてきてチクチクする感じで、挫折の毎日でしたね(涙)。

ワキなんかは、ブツブツが残り見苦しかったです。

それに、剃り忘れが多っかたり、綺麗に剃れていなかったりでした><

昔からコンプレックスを持っていたにもかかわらず、それまでに肌を散々傷めてしまい、ひどく黒ずんで色素沈着していたからですね。

実は、そのことが、後々私に悲劇を招いたんです!

その時は、すでに32歳だったんですが。

もっと、早く気づけば、よかったかな。

 

 

剛毛をなんとかしたい私は、最初はレーザー脱毛をしようと思い、必死でお金を貯め、美容外科の門をくぐりました。

しか~し!

治療を断られてしまいました。

理由は、元々色黒な上に日焼けしていたので、レーザーがメラニン色素に反応して、照射後に火傷を起こす可能性があるためでした。

ショックで死にたくなりました( 一一)

 

 

そんな私でしたが、肌を白くするのはあきらめていましたから、自分に適した脱毛方法を探し始めました。

ただ、痛いのは苦手だったので、ニードル脱毛など、費用が高く激痛な方法はやめました。

まだ、結婚前ですが、デリケートゾーンは結婚するときには、パイパンにしてあげたかったので、その夢がかなうのも条件でした。

そんな私が、ブラジリアンワックスの脱毛サロンで経験したショックは、感動!そのものでした。

痛さは一瞬で、初めての私でもなんとかなったし、比較的お手軽な値段と、なによりも、その場で、キレイさっぱりと、つるんっつるんっになったんですから!

 

 

今は、ますますブラジリアンワックスにのめりこんで(?)、定期的に、髪を切る感じで、サロンに通ってます。

馴染みの気が合うワッサー(ブラジリアンワックスのプロの方)も見つかって、お気に入りのご指名です(^^♪

脱毛は、女性の永遠のテーマですよね(笑)

ちなみに、婚約者の彼も、ハイジニーナの私を気に入ってくれていて、とても幸せです。

 

 

実は、私は、ブラジリアンワックスについて、まったく知識がありませんでした。

そこで、本や雑誌、ネットなどでいろんな情報を集めていると、自分みたいな地黒の子でも、きれいな肌になれるんだってことを広めようと、このサイトを立ち上げました。

もちろん、プロの様な方からみれば、まだまだ情報が少ないかもしれませんが、初心者だから初心者のために書ける内容だと思ってます。

ぜひ、利用してあげてください<(_ _)>

そうすれば、次に幸せになれるは、あなたのはずです!

以上、管理人のカナでした。

投稿日:

Copyright© 【vio】ブラジリアンワックス脱毛でのセルフ処理のコツ , 2018 All Rights Reserved.